箱根湯本のお食事処(昼食・ランチ・夕食) 「はつ花そば」
 
   
箱根湯本 はつ花そば はつ花の蕎麦へのこだわり はつ花そばのお品書き はつ花そばへのご案内 はつ花そばの歴史 はつ花そばからのお知らせ
箱根湯本 はつ花そばの歴史
 
 

はつ花黎明期― 手探りの始まり   時は大正14年、小宮義一24歳。勤めていた洋品店が潰れてしまった。14の歳で奉公にやってきた店だった。故郷の箱根に舞い戻り、はてどうしたものかと考える。
  さてこんな田舎町では洋品店はやっていけぬ。義一、何を成そうかと考えつつ、ある日、小田原へと下ってきた。
  そこで出会った店がひとつ。大入り満員の蕎麦屋であった。義一、これを食べて思う。「これなら俺にも作れるんじゃあないか」当時箱根に蕎麦屋はなく、義一はついに開業へと踏み切った。

  横浜の蕎麦屋へ修行に行くも、運悪くかっけに侵され、1週間で出戻った。だがそこでめげないこの男、横浜の職人からありったけの技を教わって書き記し、箱根で養生しながら蕎麦の修行に励んだ。
  退職金で古道具を買いそろえ、職人をやとって、早川にかかる橋のたもとに店を構えた。

 


 
  貞女「はつ花」   「橋のたもとだから、橋本屋でどうだ」「橋元(はしげん)なんかもいいんじゃないか」。義一の父、仁三郎のもとに集まった、友人の櫻木倉太郎や旅館古河屋の主人ら、湯本の仲間が寄り合って、みんなして義一の店の屋号を考える。ああでもないこうでもない、話し合いは長いこと続いた。
  そこにこの辺りではひときはハイカラな、当時においてカメラなどという洒落た道楽をもった男、倉太郎が一声。「初花ってのはどうだ」


  浄瑠璃『箱根霊験躄仇討』にも描かれた、貞女初花。初花は夫・飯沼勝五郎と供に、ここ箱根の鎖雲寺境内に眠っているそうだ。

  時は慶長(1596年〜1615年)。剣術指南役であった父を闇討ちにかけられた勝五郎は、仇である佐藤兄弟を追って旅をしていた。江戸まで登って行方を捜し、果ては仙台へ。だが佐藤兄弟の足取りはそこで途絶え、手詰まりとなった勝五郎は、とある道場へ身を寄せる。九十九新左衛門の剣術道場。ここで剣の腕を磨きつつ、佐藤兄弟を探すのだ。
  九十九の道場には美しい娘がいた。仙台小町と名高い美女・初花。いつしか初花と勝五郎は恋に落ち、やがて夫婦となった。
  だが仇の旅の道中である勝五郎。佐藤兄弟の足取りをつかみ、大阪へ向かうという。初花は、慣れ親しんだ仙台に別れを告げ、勝五郎との仇討ちの道行きに身を投じたのであった。
  またも不幸が勝五郎を襲う。病に蝕まれ、勝五郎は腰から下の動かぬ体となってしまったのだ。初花は夫を手押し車に乗せ、仇討ちの旅を続ける。女の足で野を越え山を越え、それは過酷な道行であった。
  途中和歌山の湯治場で、勝五郎は病の養生をした。そこで枕元に立ちしは不動明王。曰く、「箱根の湯に参れ」。夫婦はお告げに従って、箱根の山へと足を向けた。
  険しい山道を登りきり、箱根へ辿りついた勝五郎と初花。初花は勝五郎の湯を世話し、神社で祈り、滝に打たれて祈り暮らした。食い物がなければ山に入り、山菜などを探してさ迷う日々。そんな折、初花は地面に掘られた大きな穴を見つける。
  猪が掘ったのであろうその穴の底には、かじった歯形も残る太い山芋が植わっていた。猪がこれほど執心する山芋ならと掘って食ってみれば、腹は満たされ力がわく。
  初花はやがて葉を見てその山芋のありかを見分けられるようになり、掘っては夫に与えた。初花が手にしたこれこそが、箱根の自然薯である。
  幾年月が過ぎたことか。箱根の街道にて、初花・勝五郎はついに佐藤兄弟と合いまみえる。が、勝五郎は未だ足腰立たず。この好機を見逃すか、と歯軋りかみ締める夫を横に、初花は脇差しを抜き放った。
  待たれい、我はお主らに討たれし飯沼三佐衛門が子、勝五郎が妻、初花なり。三佐衛門の仇、いざお命頂戴。
  夫の思いを遂げんと挑んだ初花。しかし、あわれ佐藤兄弟の刃に倒れ、花と散る。それを目前に、勝五郎は立ち上がった。
  そう、文字通り立ち上がったのだ。
  箱根権現の霊験と初花の献身、そして初花への思いが勝五郎の足を癒した。勝五郎はその刃に佐藤兄弟を見事伏してみせ、本懐を遂げたのであった。



  「浄瑠璃にあやかるってのも洒落ているねえ」 貞女、初花。優しく強き女、初花。はつ花。 勝五郎が守れなんだなら、夫思いのかわいい妻を、俺がずうっと守ってやろうじゃないか。俺が頑張れば、俺の「はつ花」をもっと幸せにしてやれる。商売繁盛、福は内。「はつ花」と二人三脚、やっていってやろうじゃないか。

  蕎麦処「はつ花」の誕生であった。
 


 
  「はつ花」の苦難  商売はなかなかに難しい。職人を雇っても、酒だ女だ博打だと醜聞を振りまくような輩もしばしば。仕事に来ない職人を遊郭まで探しに行ったことだってあった。
  だが義一、踏ん張った。「はつ花」は俺の蕎麦屋だ。俺が守らいで誰がやる。来る日も来る日も蕎麦を打ち、懸命に働いた。

  昭和18年、とうとう義一にも召集令状が届いた。戦争なのだ。苦渋の思いで蕎麦を打つ手を止めた。
  それから2年。昭和20年8月15日に終戦の日を迎え、義一は無事に帰還する。箱根の我が家に戻って、妻と子供の顔を見て。早川のせせらぎに耳を傾けて。
  嗚呼、俺はもう一度、蕎麦を打ちたい。
 


 
  新しい「蕎麦」   義一、2年離れていた蕎麦打ちを再び始める。みるみる勘を取り戻す両手、だがそれとはうらはらに、蕎麦の材料である小麦粉が手に入らなくなった。戦後の統制経済だ。米や小麦は配給になり、蕎麦屋といえど手に入るのはすずめの涙。これでは蕎麦など打てるはずもない。途方にくれた義一を、しかし天は見捨てなかった。
「山芋、いらんかね」
  小田原に疎開した人々の中には、苦しいご時世の中で自給自足をするために、箱根に土地を借りた者もいた。そこで掘った山芋を売る者もある。旅館では板前が「こいつは泥がべったりだし、擂ると黒くなって見た目がいけねえ」と取り合ってもらえず、ほとんど捨て値で売られていた。義一は安い金で試しにこれを買ってみる。山芋売りには、お疲れさん、と蕎麦を出してやった。
  なんとも、これが宿命であったのか。
  そば粉と山芋、卵を混ぜ合わせ、ほんの少しの小麦粉。水は使わぬ。これで打ち上げた蕎麦は、今までの蕎麦とは一線を画す美味さであった。
  こいつは、蕎麦であって蕎麦ではない。
  全く新しい蕎麦なのだ。
  義一の脳裏にふとよぎったのは、貞女初花が白魚の手を泥にまみれさせ、夫のために山芋を掘る姿。
  はつ花、はつ花。お前は俺のために、山芋を掘ってくれたのか。

  以来「はつ花」は、義一が編み出した製法を忠実に守りつつ、今日まで、箱根を訪れる人々に蕎麦を振舞い続けている。
  早川の橋の袂に今も佇む、古い古い蕎麦処。今日も「愛し、はつ花」の文字を紺のはっぴに背負った蕎麦打ち職人たちが、威勢よく蕎麦を打っている。
 

昭和9年(1934年)
11月14日、初代店主小宮義一と妻テルにより、現本店の場所に、はつ花そばを創業

昭和18年(1943年)
小宮義一出征により、はつ花そばを一時休業

昭和20年代
終戦後、店を再開。自然薯を練りこんだ「新しい蕎麦」を完成させる

昭和51年
箱根湯本、弥栄橋際に新館がオープンする
平成2年
小宮憲二が二代目店主となる
平成14年
本店をリニューアルオープン







はつ花の創業年、昭和9年の出来事
はつ花そばが誕生する昭和9年(1934年)、同じく産声を上げたのが日本初のプロ野球チーム 「大日本東京野球倶楽部(巨人軍の前身)」です。この2年後の昭和11年、日本野球連盟が発足し、現在のプロ野球へと歴史を重ねています。
また渋谷駅の「忠犬ハチ公」の像が建立されたのもこの年。その後、第二次世界大戦の鉄不足により供出され、昭和23年(1948年)、改めて再建されたものが現在の「二代目」となります。



   
  本店/箱根湯本温泉(湯本橋際) TEL0460-85-8287〜8 毎週水曜定休
  新館/箱根湯本温泉(弥栄橋際) TEL0460-85-5555〜6 毎週木曜定休

箱根湯本 はつ花の自然薯蕎麦(じねんじょそば 自然薯とは)は、水を一切使わずに「そば粉」「自然薯」「卵」のみで仕上げた極上の逸品です。つなぎに山芋を使用している為、時間が経っても蕎麦がのびない、という事で、「おみやげ蕎麦」としてもご好評を頂いております。 是非一度ご賞味ください。
 
Copyright(C) HATSUHANA All rights reserved.
try { var pageTracker = _gat._getTracker("UA-10455435-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}